Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

メンズ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。脱毛とアスリート

脱毛とアスリート

 メンズ脱毛が流行る中で、流行の最先端を行ってるのがアスリートです。アスリートの方は、脱毛が流行る以前から、脱毛をされている方が多いです。これはなぜかと言うと、スポーツをする際ムダ毛が邪魔になったり、記録に左右するからだと言われています。では、どんなスポーツが脱毛している人が多いのでしょうか?


トップアスリートの脱毛

トップアスリートの脱毛

 トップアスリートの中では脱毛は、記録を変えてしまうというほど、重要なものです。オリンピックでは、金メダルと脱毛は関係があると言われています。

 オリンピックに関わらず、トップアスリートは全身脱毛を行っています、たかが、体毛だと思われる方も多いと思いますが、体毛を減らすことで、風や水の抵抗を減らしたり、ムレや痒みの原因を防いだり することができ、気にせず競技に集中できるというメリットがあります。

トップアスリートの脱毛2

・サッカー、陸上、マラソン
 サッカーでは、競技中にユニフォームがムダ毛と摩擦を起こしてしまうので、皮膚を守るためにアンダーヘアを含め全身脱毛を行います。長時間動き続けて、汗も大量に出てしまうので、濡れなどの不快感で集中が途切れないようにするためという意見もあります。陸上系やマラソンも同様です。

・水泳
 水泳選手の場合は、ヒゲや体毛を全て処理して水の抵抗を少しでも減らす努力をしています。水泳のオリンピック金メダリストの北島康介選手は、世界水泳の予選で生やしたヒゲを決勝戦で綺麗に剃っていたのも話題になりました。水着との密着度も影響があるようです。

・ フィギュアスケート、新体操
 フィギュアスケート、新体操、社交ダンス、シンクロナイズドスイミングのように、演技の美しさや衣装やメイクを競うものは、脱毛は不可欠です。

 フィギュアスケート、新体操などは、足を広げたり高く上げる演技が多いですが、万が一のムダ毛が見えるのは、ありえないと言われています。テレビなどで映されても問題ないように、全身脱毛するのは当たり前だという認識です。

脱毛と世界

脱毛と世界

 実は世界から見ると日本は脱毛後進国と言われているのだそうです。
 海外のアスリートせんしはムダ毛の処理は当然のことと認知しており、日本人アスリートの脱毛を行っていない選手をみて驚くそうです。

 世界中のさまざまなアスリートは、勝利をつかみとるため、コミュニケーションのため、もはや常識とされ脱毛をされる方は多いようです。
 勝負の世界で躍動するアスリートの細やかな気遣いでもありますし、スポーツとはこのような努力の上で私たちを楽しませてくれているのです。

脱毛と世界2

アスリートにとっての脱毛

 アスリートにとって脱毛は、自分自身のパフォーマンスを最大限に見せるための方法の1つだと言える言えます。

 競技が違っていても、成績を良くするや採点を高くするといったアスリートの努力が、隠されています。アスリートは、コンマ1の世界で戦っているので、脱毛はとても大切なものと言えます。

その他のメンズ脱毛情報を確認する