Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

メンズ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。脱毛剤や脱毛クリームについて

脱毛剤や脱毛クリームについて

最近では、いろいろな脱毛方法があると思います。その中で脱毛剤や脱毛クリームについて詳しく説明させていただきます。

脱毛剤や脱毛クリームの危険性

脱毛剤や脱毛クリームの危険性

脱毛サロンや脱毛クリニックに行かなくても自分で簡単にできる自己処理として人気があるのが脱毛剤や脱毛クリームです。自分が気になるタイミングででき、脱毛剤やクリームを塗れば費用も少なくメリットが多くある様に感じます。
しかし、デメリットも多くあります。脱毛クリームは、アルカリ性の薬剤を使っていて毛を溶かすのですが、そうすると肌に直接脱毛クリームを塗るので、肌に大きなダメージを与えたりトラブルに繋がることが多く、特にアレルギーを持っている方には絶対使わないようにしていただきたいです。
脱毛の自己処理になるので、脱毛剤を放置して肌のトラブルを起こしたりし、あくまでも脱毛クリームなので脱毛をしている訳ではなく、除毛しているという事です。

脱毛剤は、一時的に毛を取り除くだけ?

脱毛剤は、一時的に毛を取り除くだけ?

脱毛剤や脱毛クリームは、今生えているムダ毛を一時的に取り除くだけなので、使い続けても薄くなったり脱毛ができる訳ではありません。
なので、脱毛クリームなどを永久に使えば毎日のケアはしなくてもいいかもしれませんが、脱毛クリームでケアするという事は一生続きます。
今だけの脱毛を考えている人にはいいかもしれませんが、気になるムダ毛を無くす事は出来ないのと、毛を溶かしてしまうので思うように毛を残したりできません。
毛根部分の毛をうまく取ることができない場合は、黒く毛が残ったり、強い脱毛剤だと肌荒れの原因になります。

脱毛クリームの成分

脱毛クリームの成分

ほとんどの脱毛クリームには、「チオグリコール酸カルシウム」という成分が入ってます。
この成分が、毛の主成分であるタンパク質を溶かす働きがあります。しかし、同時に肌のタンパク質にも作用してしまうので、肌へのダメージは避けられません。
脱毛クリームでも「敏感肌用」などを表記してある物もありますが、それらはおそらくこの「チオグリコール酸カルシウム」の濃度を下げたり、美肌成分を配合したりという違いがあるものだと思います。

さまざまな、脱毛方法が出回っているので自分の目的に合った脱毛を行うことが大切になって来ます。

その他のメンズ脱毛情報を確認する