Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

メンズ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。脱毛には、ガンのリスクや体への影響はあるの?

脱毛には、ガンのリスクや体への影響はあるの?

メンズ脱毛を考えている方で脱毛する際、皮膚癌や内臓系に影響はないのか?と思われている方は、少なくないと思います。松山市でこれから、メンズ脱毛をしようとお考えの方が安心して脱毛できるように詳しく説明させて頂きます。

脱毛時、光が癌リスクを高めるのか!?

脱毛時、光が癌リスクを高めるのか!?

脱毛器の光が癌のリスクを高めるのかというと結論から言うと、NOです。なぜなら、癌を引き起こすのが紫外線だからです。
「日焼けし過ぎると、ガンのリスクが高まる」と言う事を聞いた事のある方も多いと思います。そもそも、日に焼けるっていう事は美容面で考えると悪影響である事は、広く知られています。なので発ガンリスクを懸念しすると言うよりも、肌を守る為と考えている方が多いと思います。しかし、日焼けがどうして発ガンリスクを高めるか理由を知っている人は、少ないかも知れません。まずは、日焼けと発ガンの関係から説明します。

日焼けが原因でガンになる

日焼けが原因でガンになるという事は、皮膚が紫外線という光にさらされることで引き起こります。
紫外線は、私たちの肌の細胞内にある遺伝子を損傷させる働きを持っています。日焼けによって損傷した遺伝子は自然に戻ろうとしますが、たくさんの紫外線を浴びてしまうと、損傷が酷く正常な形には戻れなくなります。

サロンやクリニックで使われている光は、ガンと関係ある!?
「紫外線が発ガンを引き起こす」と聞くと、ますます脱毛の施術で受ける光の影響が気になってくると思います。
しかし、全ての光がガンを引き起こす訳ではありません。上記で説明した通り、皮膚ガンを引き起こす元となっているのが、「紫外線」です。脱毛で使う光は紫外線ではなく、「赤外線」です。
なので、同じ光でも紫外線と赤外線は別物なので発ガン可能性は、ありません。

 脱毛の内臓への影響は?

脱毛の内臓への影響は?

光で内臓への影響は、あるのかと言うとありません。なぜかと言うと光は、強いレーザーでも毛根までしか、届かないので内臓に影響を及ぼすことは、ありません。
クリニックのレーザーは、威力が強いので肌が炎症を引き起こしたりする事は、考えられるので気をつけてください。
サロンで使われる光は、副作用としてなく安心して受けて頂くことができるかと思います。

その他のメンズ脱毛情報を確認する