Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

メンズ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。日焼けした肌に脱毛がNGな理由

日焼けした肌に脱毛がNGな理由

脱毛期間中又は、脱毛を考えている人は、日焼けをするのは絶対にNGです。日焼けがNGな理由を説明します。


日焼けがNGの理由

日焼けがNGの理由

脱毛サロンに行くと必ず「日焼けは、絶対にしないでください。」と言われます。これは、「脱毛期間中ずっとしては、いけません。」と言う意味です。長いと思われるかもしれませんが、理由が分かると理解して頂けると思います。
日焼けをしてはいけない理由としては、大きく分けて3つあります。
・脱毛中に痛みが酷くなる。
・日焼けにより、脱毛の効果が薄くなる。
・肌トラブルが起きやすくなる。
1つずつ詳しく説明させて頂きます。その前に日焼けについて説明させて頂きます。

日焼けのメカニズム

日焼けのメカニズム

日焼けの主な理由が紫外線だと、ご存知だと思います。まず、紫外線を浴びると「角質層」が反射して体内に入り込む事を防ごうとします。ただ、角質層がいくら頑張っても紫外線は内部に入ってきます。内部に入ってきた紫外線に対しては、メラノサイトがメラニン色素を作り出し、紫外線を吸収し体内を守っています。ビーチなどで直射日光を浴び続けると、メラノサイトが働き続け、メラニン色素がたくさん作られ、増大する事で皮膚の中に沈着して肌が黒くなると言うメカニズムになっています。

脱毛中に痛みが酷くなる

脱毛中に痛みが酷くなる

脱毛自体の痛みは、機器を照射した際の照射熱によって痛みが出てしまうと言われています。熱を持っている肌に熱を与えるので、痛みが倍増してしまうという事になります。機器がメラニン色素に反応してしまうので、必要以上に機器が反応する為、痛みを余計に感じてしまいます。

日焼けにより、脱毛の効果が薄くなる

日焼けにより、脱毛の効果が薄くなる

先ほども言ったように、脱毛器は、メラニン色素に反応して、脱毛していきます。ですが、毛以外に黒い部分があるとそちらにも反応してしまう為、ピンポイントで効果が発揮できず、脱毛効果が薄くなると言われています。

肌トラブルが起きやすくなる

肌トラブルが起きやすくなる

日焼けした肌は、軽い火傷状態と言われている通り、とてもデリケート状態です。そこに熱を更に与え脱毛をしようとする為、余計に肌トラブルを起こしやすくなると言う事は、想像付くと思います。より一層、色素沈着やシミになってしまう危険があるので、気をつけないといけません。

日焼けした場合、施術ができませんので日焼けしないように日焼け止めクリームなどを使って日焼けしないように気をつけて生活してください。

その他のメンズ脱毛情報を確認する