Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

メンズ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。脱毛すると、シミはできないの?

脱毛すると、シミはできないの?

メンズ脱毛をお考えの皆様が一度は、気にした事があるのが脱毛の施術を受けて「副作用は、ないの?」という事です。その中で副作用で気になる「シミは、できるの?」に付いて説明させて頂きます。
結論から言うと脱毛の施術を受けて、シミができる事はありません。むしろ、シミが消える可能性があると言われています。

シミのできる理由

シミのできる理由

シミの原因には、加齢や生活リズムの乱れなどが関係してますが、良く知られているのは紫外線によってできるシミです。シミには、お肌のメラニン色素が深く関係しています。紫外線を浴びると、色素形成細胞と呼ばれるメラノサイトが刺激を受けて、メラニン色素を作り出します。
メラニン色素がお肌のターンオーバーで排出されることによってお肌は守られていますが、極度に紫外線を浴びたりしてメラニン色素が過剰に作られると、不必要なメラニンがターンオーバーで排出されずにお肌に残ってしまいます。これがシミの元になる原因です。お肌の奥に残ったメラニンが原因で色素が沈着する現象がシミのメカニズムなのです。

脱毛の光でシミができるの?

脱毛の光でシミができるの?

上記で書いた通り、脱毛の施術でシミはできません。シミができたと感じるのは、勘違いです。なぜなら、脱毛の機械の光は最近注目されているスキンケア、「フォトフェイシャル」とほとんど同じ原理で、細胞を活性化させ、お肌のターンオーバーを促してくれる役割があります。光を浴びるとお肌の奥にあるメラニンが、ターンオーバーによってシミとなって出てきます。これが脱毛後のシミの原因です。

脱毛の光でシミができるの?2

ですから、「脱毛後にシミができた」というのは脱毛が原因ではなく、もともと自分のお肌の奥に持っていたメラニンが、いずれ出てくるシミが、早めに出てきたということです。
しかし、シミが出てくるのっていうのは、嫌だと思います。でも大丈夫です。お肌の状態や代謝力にもよりますが、脱毛によって出てきたシミは、お肌のターンオーバーよって自然に少しずつ薄くなってきます。脱毛の光には、脱毛だけじゃなくお肌を活性化させる役割もあります。
シミを作らないためには、日焼け対策はもちろん、保湿対策も心がけてください。施術後のケアも大切ですが、普段からしっかり保湿をする事がシミを作らないコツです。また、生活習慣やストレスなどもシミの原因と関係があるので、普段から規則正しい生活を送ることもシミを作らない方法です。

その他のメンズ脱毛情報を確認する