Divine

メンズ脱毛・ひげ脱毛専門Divine(ディバイン)

ひげ脱毛は愛媛・松山のDivineへ。喫煙とヒゲについて

喫煙とヒゲについて

喫煙は、体には悪いとは分かっていると思いますが、ヒゲが濃く原因となっているということはご存知ですか?統計上、喫煙をしている人はヒゲが濃いというデータがあります。そもそもなぜ喫煙をするとヒゲは濃くなるのでしょうか?


喫煙するとヒゲが濃くなる理由

喫煙するとヒゲが濃くなる理由

 メンズの方が、ヒゲが濃くなる原因の一番は、男性ホルモンの増加です。男性ホルモンを増加する原因は色々あります。
 例えば食生活の乱れやストレス、不規則な生活などもありますが、その原因の一つとしても喫煙があります。

 喫煙すると体は有害物質を体内から出そうとします。
 その排出しようとするときに男性ホルモンが分泌されます。タバコには、色々な有害物質が含まれており、体内に取り込むと血管を収縮させたり、発がんの可能性も高めてしまうため、人体に有害な物質です。
 タバコを吸うことで、これらの有害物質を体内に取り込むと体がこれらの有害物質を体外に排出しようとし男性ホルモンを大量に分泌するようになります。その結果、ヒゲが濃くなってしまうということです。

 また喫煙している人は、タバコの煙が多い場所にいることが多いため、周りの空気が悪い場所にいることが多いです。空気が悪い場所にいると、外部からの刺激から肌を守ろうとしてヒゲが生えてきます。

喫煙による肌への害

喫煙による肌への害

 喫煙をしていると、脱毛に大事な肌の状態が悪くなってしまいます。毛は、皮膚から生えているので、その状態が悪くなってしまうといいことがありません。

1・老化を促進させる
 タバコを吸って、体内有害物質が入ると大量の活性酸素と、それに伴いフリーラジカルという成分が生成されます。
 このフリーラジカルは、脂肪細胞などと様々な体内の物質が結びつくことによって、その物質を酸化させてしまいます。体内の酸化が進むと老化が進んでしまいます。
 また喫煙によって一度、酸化して傷ついた細胞を正常なターンオーバーが行われなくなり、肌のキメは荒くなり、吹き出物などのトラブルの原因となってしまいます。

肌荒れを起こす

2・肌荒れを起こす
 タバコに含まれる一酸化炭素は、肌の保湿成分であるコラーゲンを分解してしまいます。
 コラーゲンが失われると肌の水分はなくなり、シワやたるみ乾燥の原因となってしまいます。
 一酸化炭素やニコチンの他かにもタバコには、色々な有害物質が含まれています。
 その数は4000種類以上と言われており、体に取り込むべきではない、有害物質が喫煙によって体内に入ってしまいます。その結果、体の血行を悪くし、肌のくすみや黒ずみの原因につながってしまいます。

まとめ

まとめ

 ヒゲを濃くしないためにも喫煙は、やめることをオススメします。喫煙は肌トラブル以外にも、体に色々な害を催しているのも事実です。ですから、体の中から綺麗になることをオススメします。

その他のメンズ脱毛情報を確認する